ブログ

移動の多いビジネスマン

移動の多い40代男性経営者の腰痛治療について

こんにちは、和美躰の青木です。

今回は出張で移動の多い方の腰痛施術について書いていこうと思います。

あくまでも1つの症例なので参考といて読んで頂けると嬉しいです。

【来院者について】

40代 男性 経営者
毎週、東京~大阪を往復
学生時代は部活でずっとスポーツをやっていた
今も定期的に運動はしているが、身体の硬さは昔から変わらず

【移動が多いと腰に負担がかかりやすい】

タイトルに書いてある方のみならず、和美躰には移動が多い方に多くお越しいただいています。

1週間のうちに東京~大阪を何度か往復する方や、月の半分は東京にいない方、海外在住でしょっちゅう日本に来る方、などよくそんなに休まないで身体が壊れないな、と思うような方がとても多いです。

こういう生活をしている方が決まっていうのは
「もう慣れちゃってるから」

ただ、そんな方々も腰の痛み、しんどさだけはきついようでよく来院されます。
なぜなら移動中はずっと同じ姿勢をしているため、筋肉が固まり負担がかかりやすくなるからです。

同じ姿勢でずっといると血流が悪くなり痛みの原因となる物質が身体から出てきます。
また、ほとんどの方が正しい姿勢ではなく、腰に負担のかかるような姿勢をしていることが多いので移動が多い方は必然的に腰痛に悩まされることが増えてきます。

【施術について】

このようにずっと同じ姿勢でいることが多いと筋肉の柔軟性がなくなってくるのでただほぐしたり、鍼をうったりするだけではあまり効果は出ません。

どのような動きが出来て、出来ないのか、どのような動きで痛みが出るのか、などを確認した後に全身の歪みをとる矯正をし、腰やお尻といった股関節周りの筋肉のエクササイズから入りました。

スクワット

問診で今も定期的に運動はしている、とあったが、きちんとしてトレーニングをしているわけではないので必ずしも腰をサポートできる筋肉が鍛えられているとは限りません。
なのでチェックも含めエクササイズをします。

また、エクササイズをすることで筋肉が使われるので柔軟性も上がります。
こうすることにより、マッサージや鍼の効果が出やすくなります。

この方の場合、20分のエクササイズ、20分のマッサージ、20分のストレッチという感じで施術を組み立てていきました。

【施術後の状態について】

エクササイズを終えた時点で腰の軽さが少し出ていました。
これはやはり腰周りの筋肉が固まっていたからでしょう。

ストレッチは股関節も前側、太もも、ふともも裏を入念にストレッチしたおかげか、股関節周りが軽くなったようでした。

ただほぐす、だけではなく何が原因なのかを探すことで施術に必要なことがみえてきます。

関連記事

  1. 痺れ
  2. 腰痛
  3. お酒
  4. ゴルフ
  5. 股関節
  6. 手のマッサージ
PAGE TOP