ブログ

妊婦

不妊治療について

不妊治療に効果的な鍼灸治療

女性の社会進出や晩婚化により妊娠しづらい体質となり、不妊に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

今まではクリニックに行き、不妊治療をする方が大多数でしたが、ここ数年、自然治癒力を上げて不妊治療に取り組む鍼灸治療を選ぶ方が増えてきています。

子宮や卵巣、卵管などの器質的変化が原因の不妊出ない限り、鍼灸の不妊治療の効果は認められています。

鍼灸治療の良いところは体に負担をかけず、体質改善やホルモンバランスの改善、卵子の質を高める、ということができることです。

女性の心、身体はどうしてもホルモンバランスによって影響をうけてしまうことが多いので体質の改善をしていく必要があります。

特に問題なのが「冷え」です。

女性はホルモンの周期により体温の低温期と高温期があるのですが、基礎体温が低いと常に身体が冷えている状態にあり、ホルモンのバランスも崩れてしまいます

ホルモンのバランスが崩れると卵子にも影響が出てしまい、卵子が成長しきらなくなってしまいます。

これらを改善するために東洋医学的なアプローチとして、生殖機能に大きな影響を与える「腎経」、血の生成を促し、女性ホルモンを整える「脾経」、ストレスを落ち着かせる作用があり、血を体に分配する機能のある「肝経」やその他効果的な経絡経穴を使い、体質の改善を図っていきます。

また、西洋医学的なアプローチとして全身、特に骨盤内の血流をよくし、子宮や卵巣の機能をあげるよう施術を行います。

それは質の良い卵子だけでなく、子宮内の着床環境も同時に高めていくとより妊娠しやすい身体づくりになるからです。

関連記事

  1. 自律神経の乱れ
  2. 肌荒れ
  3. お酒
  4. お腹
PAGE TOP