ブログ

痺れ

【実例】腰痛と脚の痺れの治療

先日、腰痛と脚の痺れに悩む60代の男性が来院されました。

歩いていると脚が痺れるので、少し休んで歩く。
休まないと歩けないほど状態は悪く、
何年もこの状態なのでどうにかしたいということでした。

病院で診てもらったところ、
・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・坐骨神経痛

という診断をうけたとのこと。

診断名をみるだけでかなりしんどそうだ、
というのが容易に想像がつきます。

まず、色々とテストをしてみました。

片脚で立つバランステストをすると
症状のある左脚でバランスを保つのが難しい。
左のおしりにはしっかりと力が入っているので脚の感覚が鈍いせいだろう。

その証拠におしりそのものは右のほうが機能低下を起こしており、
筋出力が低下している。

バランスがとりずらいこと、左脚の感覚が鈍いことがあり
歩き方は小股。
よって股関節の可動域もかなり低下して屈曲位で固まっている。

また、猫背で胸郭も固まっているので
余計に股関節の可動域を狭めている。
胸式呼吸をしてもらってもあまり胸郭が広がらない為呼吸も浅い。

腰そのものもかなり痛くてつらいようだが、
まずこの股関節屈曲位で固まっている状態と胸郭の動きをどうにかする必要があった。

長年この状態でいたので1度の施術で正常なポジションや動きに戻るわけではない。
しかし、少しでも改善することで腰への負担が減り、
脚の痺れもよくなるのではないかと考えていた。

案の定、腰の痛みは腰を触ることなく改善した。
しかし、脚の感覚にはなんの変化もなかった。

腰やおしりまわりの施術をしても
大した変化は現れず、ちょっと行き詰った感があったので
矯正をしてみることに。

通常、60代くらいになると僕は矯正はしていないのだが、
どうにかしてあげたいので矯正をしました。

すると一瞬だが、脚の重さが抜けた感が出たと。

腰と骨盤の矯正をしたことでスッと神経が通ったのだ。

先ほど述べたように僕は通常60代以上には矯正はしていない。
それは骨が弱くなっていたり、強くかたまっている場合が多いためだ。

なので、強くは行わず、いつもよりやさしく丁寧に、を心掛けて
矯正をしました。

この一瞬の違いが少しずつ長くなっていくよう
精一杯施術していきたいと思う。

青木

関連記事

  1. ぎっくり腰
  2. ゴルフ
  3. 身体は資本
  4. ふくらはぎのマッサージ
  5. 腰痛
  6. テニス
PAGE TOP