ブログ

ゴルフ

30代男性経営者のゴルフ腰痛の治療について

こんにちは、麻布十番の「和美躰」青木です。

今回は経営者の方がよくなりがちな、ゴルフから来る腰痛の症状と治療法についてご紹介したいと思います。

【来院者について】

30代、男性、経営者。
出張で月の半分くらいは都内にいないとのこと。
ゴルフは大体週1だが、週3回と続くときもある。

【症状について】

ほぼ週1のペースでゴルフをやっていて、ラウンド中から腰が重くなってくる。
ひどいときはぎっくり腰になるんじゃないか、というくらい腰に痛みを感じる。
飛行機で地方への出張も多く移動時にも腰が気になる。
どうにかしたいとのことで友人から紹介をうけて和美躰へ来院。

【治療について】

施術を始める前にどのような動きで痛みが出るのか、動きに制限がでるのか、を確認しました。
立っているときやデスクワーク時、移動時にどのような姿勢でいることが多いのかも確認。

事前に動作を確認することで何が原因なのかをある程度見当をつけることができます。

施術はまず背骨の歪みを確認し、ズレているところを整えていきます。
これは腰だけでなく、背中全体を整えます。
腰に痛みが出ているだけで、他のところにある筋肉が腰に負担をかけていることも考えられるため、痛みのあるところだけでなく、身体全体を施術していきます。

歪みを整えたところでもう一度痛みのある動きをしてもらい、改善がみられるかどうか確認をしていきます。

この確認作業をしていくことで行っている施術が正しいのかそうでないのか、それともすぐに効果が表れないだけなのか、を考えていくことができます。

そこから、痛みと制限のでる動きの確認でこの方はお尻の筋肉が異常に硬くなっていることがわかったので身体全体をほぐしながらお尻周りの筋肉を重点的にほぐしていき、ストレッチなども入れて再度動きの確認をしました。

ストレッチはお尻とお尻の筋肉にも影響を与える太もも裏を入念に行いました。
人によっては前側の筋肉をほぐしたりストレッチする必要がありますが、この方の場合はお尻と太もも裏を入念に行いました。
さらに脚を内側、外側に捻るストレッチ。
これはゴルフで重要な動きをスムーズに出来るようにするためのストレッチです。

【施術後の状態について】

動きの確認で痛みはほぼなくなっていて、動きの制限もかなり改善された様子でしたが、次のゴルフでどういう状態になるのか、移動時に痛みが出るのかを確認し今後のプランを考えていく必要があります。

良くなった状態をいかに継続させられるか、が大切です。

# 麻布十番「和美躰」のご予約はこちら
住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約

関連記事

  1. 移動の多いビジネスマン
  2. 股関節
  3. ふくらはぎのマッサージ
  4. 鍼
  5. ストレッチ
  6. ゴルフ
PAGE TOP