ブログ

ゴルフ

ゴルフのラウンド中から腰が痛くなってくる方への施術方法について

こんにちは!
麻布十番の「和美躰」青木です。

今回はゴルフをしている最中から腰が痛くなってかなりきついという方への施術例になります。

【来院者について】

40代 男性 経営者
ゴルフは月3回ほどラウンドに。
その他にも打ちっぱなしによくいく。

ゴルフ以外は特に運動はしていない。

【症状について】

普段はそこまで腰痛を感じるわけではないが、ゴルフをしていると途中から腰が痛くなり、腰を捻るのがきつくなってくる。
思い切りクラブを振れなくなってくる。

ラウンド中だけでなく、打ちっぱなしにいっても同じような痛み、症状が出てくるのでどうにかしたいと友人の紹介で来院。

【施術について】

前回のゴルフからくる腰痛の記事でも述べたようにまずは動作確認を行っていく。
動作を確認することで何が原因なのかをある程度見当をつけることができます。

https://wabi-tai.com/2020/03/05/30%e4%bb%a3%e7%94%b7%e6%80%a7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

カウンセリング時に、ゴルフ以外は特に運動はしてない、ということだったので簡単な筋出力テストのようなものを行いました。

これを行うことにより、どの筋肉がしっかりと働いていて、どの筋肉が働けていないのかがわかります。
また、左右でどれだけ差があるのかも確認することができるのでとても大切な検査になります。

この方の場合は殿部(お尻)の筋肉と腰の筋肉、特にお尻の筋肉が弱いことが分かりました。
お尻の筋肉は仙腸関節に大きな影響を与えます。
また、腰の筋肉で仙骨まできている筋肉にも大きな影響を与えます。

仙腸関節
参考: https://sacrumbalance.com/senkotsu

腰周りの筋肉が弱く、しっかりと身体をサポートできていない状態でゴルフのように身体を思い切り捻るような動作の運動をすると仙骨周辺の筋肉に炎症が起きやすくなります。

僕自身、昔からテニスをやっているのですが、久々にテニスをやると同じような症状が出てきます。

真っ直ぐ立っているのもつらいくらいの腰痛です。

原因は明らかに運動不足。
運動不足で筋肉が弱っているのに、無理な運動をした代償です。

腰やお尻周りの筋肉を数日間でも鍛えるとその痛みは出てこなくなります。

この方の場合も検査で同じようなことが原因とわかったので、
歪みを整えてから腰やお尻周りを鍛えるトレーニングをしました。

そして、腰に無理がかからないように全身のストレッチ、特に肩甲骨や股関節を入念に行いました。
また、腰が痛くて思い切り振れないために他の筋肉がだいぶ張っていたのでそこもしっかりとほぐしていきました。

トレーニングは自分1人でもできる簡単なもので、次にゴルフに行くのが1週間後と言っていたので少なくともそれまでは毎日行ってください、と伝えました。

【施術後について】

ゴルフを終えてから再度メンテナンスに来られた時に、ゴルフ中に腰痛に悩まされることはなかった、とおっしゃって下さいました。

単純なトレーニングですが、ほんとに少し行うだけでも効果が現れるのは適切なところを適切な形で鍛えているからです。

ただほぐして緩める、というのが必ずしも正解ではありません。

しかし、きちんと診てもらわずに自己判断で行ってしまうと悪化する恐れもあるので1度診てもらってからアドバイスをもらうのが良いかと思います。

# 麻布十番「和美躰」のご予約はこちら
住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約

関連記事

  1. 痺れ
  2. ぎっくり腰
  3. ふくらはぎのマッサージ
  4. リフトアップ
  5. 腰痛
  6. 手のマッサージ
PAGE TOP