ブログ

お腹

生理痛など婦人科系の治療法

月経痛や月経不順、または月経前症候群(PMS)に悩んでいる方は多い

「月経痛の悩みから解放されるとどれだけ身体の負担が楽になることか」
「毎月、生理が来るのが本当につらい」
「毎月、寝込んでしまうくらい生理痛がひどい」


引用: https://withonline.jp/lifestyle/Y7yfG?device=mobile&page=2

女性の社会進出や生活環境などからくるストレスが1つのきっかけとなり、みなさんの周りにもこのような悩みを抱えている方が多くいるのではないでしょうか。

【腰の歪みを整える】

和美躰で行う整体では腰の歪みをしっかりと整えることで多くの月経問題を解決しております。

生殖器にいく自律神経が腰から出ているため、腰の歪みを正しく整えると自律神経がしっかりと卵巣や子宮に作用します。

そのため、異常なホルモンの分泌や子宮の収縮による月経痛や月経不順、月経前症候群(PMS)を正常に戻すことができます。

子宮筋腫を代表とする器質性に問題がない限り、生理痛のほとんどはプロスタグランジンという物質が関わっており、その分泌量が多いと子宮を強く収縮させ生理痛がひどくなると言われています。

また、プロスタグランジンには血管を収縮させる作用があるため、普段はない腰痛や冷えを感じる方もいます。
その他には吐き気やめまい、胃痛など様々な症状を引き起こします。

また、腰の歪みにより自律神経がきちんと子宮や卵巣に伝達できなくなることで月経不順も引き起こします。
これは子宮や卵巣が正常に機能しなくなることから起こることです。

通常28日~30日周期の月経ですが、正常に機能していないため、月経が遅れたり、来なかったり、来すぎたりすることが起きます。

これらも腰の歪みを整え神経がきちんと通うようになると解消されます。

排卵後の月経前には黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが一時的に大量に分泌されます。

しかし、受精卵が着床せずに月経が始まると黄体ホルモンが一気に減ります。
すると急激な変化により自律神経がバランスを崩し頭痛や情緒不安定などの症状が現れます。

これが月経前症候群(PMS)です。

月経前症候群、というと中には知らない女性もいますが、過食やイライラ、情緒不安定になったりしませんか?と伺うとうなずく方はとても多いです。

知らないために、これが普通で治療すべきものとわかっていないことが多く、正常に機能していればこれらのようなことは起こりません。

腰の歪みを整え、脳から子宮や卵巣への伝達、子宮や卵巣から脳への伝達をスムーズにさせることで多くの月経問題が解消されます。

関連記事

  1. 自律神経の乱れ
  2. 頭痛
  3. 身体は資本
  4. 頭痛
PAGE TOP