ブログ

目の疲れ

オンラインミーティングやオンライン飲みで疲れた目の疲労を取る方法

こんにちは、麻布十番“和美躰”のオサダです!!

GWを間近に控え4/25からステイホーム週間となりましたね。
いかがお過ごしでしょうか??

皆様が心穏やかに、健やかにお過ごしのことと願います。

最近のオンライン授業や自宅でのテレワークによってパソコンやスマホの画面を見ることが増え、疲れ目や肩こりはでていませんか?

長時間パソコンやスマホ、タブレットの画面を見ながら作業を行うことによって症じる眼精疲労や肩こり、頚部の疲労などの病気を総称して“VDT症候群”とよび近年、急速に増えている病気でもあります。

VDT症候群を悪化させないためにも、本日は自宅で手軽に出来る

『眼精疲労回復マッサージ』

をご紹介したいと思います。
自宅時間を活用して一緒にやってみませんか??

【眼精疲労回復マッサージ】

  • 頭皮、頭部のツボケア

頭部には50個のツボを有し、自律神経を整えるのにも有効です!!

先ずは示指・中指・薬指の指の腹を使って髪の生え際から後頭部に向かってクシでとかすように圧迫しながら流すのを5回繰り返します。

※途中痛みや響きを感じるポイントでは指を止め5秒~10秒程度圧迫留めてから流しましょう。

  頭皮の血流が改善されたところで、ツボ押しをしていきます。

  百会を除き、その他のツボは左右1対あります。

全てのツボをゆっくりと10秒間かけて円を描くようにじわじわと押していきましょう。  

  “特効穴”

  • 百会(ヒャクエ):両耳の上尖端部を繋いだライン上の中心で、頭頂部真ん中のツボ
  • 角孫(カクソン):耳の上の先端部分で髪の生え際のツボ
  • 和髎(ワリョウ):頬骨弓の後端の上縁でもみ上げ付近のツボ
  • 天柱(テンチュウ):後頭部、うなじの生え際で首の骨の両側凹み部分にあるツボ
  • 風池(フウチ):④天柱から親指一本分外側にあるツボ
  • 完骨(カンコツ):耳の後方にある出っ張った骨の先端部にあるツボ
  • 耳上、側頭部のマッサージ
頭ツボ
参考: http://rimhair.tokyo/haircare-important31

側頭部には浅側頭動脈があり顔色のトーンアップにも効果があります。

耳の周り全体をほぐすように親指で小さく円をくるくると描きながら耳の後ろ、耳たぶの後ろへとほぐしていきます。耳の上部先端から5cmほどの範囲まで少しずつ指をずらしながら全体にほぐします。胃腸反射区も有り、胃腸の動きも活発になってきます。

  • 耳のくるくるマッサージ

耳全体を覆うように持ち、引っ張りながらくるくると大きくほんのり暖まるまで回します。血流が改善され耳の周りの老廃物が流れます!!

  • 目の周囲のツボ押し

ゆっくりと10秒間かけて円を描くようにじわじわと押していきましょう。  

  • 太陽(タイヨウ):目尻から1cm生え際に向かったところにある凹みにあるツボ
  • 手~腕にかけてのツボ押し

ゆっくりと10秒間かけて円を描くようにじわじわと押していきましょう。  

  • 合谷(ゴウコク):手背、親指と人さし指の骨が交わるところにあるツボ
  • 曲池(キョクチ):肘を曲げたときに出来る横皺の外側にあるツボ

最後に

両手で目を覆い30秒間目をつむって休ませ、眼球を潤してあげましょう。
眼精疲労の緩和によって肩こりや首の疲れ、頭痛の予防にも繋がります。
大切な目を守るためにもお家時間を使って試してみて下さい。

# 麻布十番「和美躰」のご予約はこちら
住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約

関連記事

  1. zoom meeting
  2. 介護
  3. 身体は資本
  4. 鍼
  5. 肩こり
  6. 猫背PC
PAGE TOP