ブログ

肩と肩甲骨の動き

違いがよくわかる施術前と施術後の違い

こんにちは!

麻布十番【和美躰】の青木です!

おかげさまで5周年キャンペーンが好評でかなり忙しくなっています!
ありがとうございます!!
まだ予約の空きはありますので、皆様この機会に是非お越し下さい!

さて、今回は施術を受けるとどんな違いがあるのかというのを
みてわかるように施術前と施術後で写真を撮ってみましたので
是非ご覧下さい!

【肩、肩甲骨の動きの違い】

仰向けになってバンザイをしたときの状態です。

施術後、バンザイ
施術前、バンザイ

左側がしっかりとあがっていないのは一目瞭然ですね!

肘の高さが違いますし、手がキレイに合わさっていないですよね!

身体の歪みや筋肉の硬さなど様々な要素が重なりこのような状態になっています。

ただ、それがあることをすると、、、

施術後、バンザイ
施術後、バンザイ

このようにほぼ左右均等になります!

やり方は色々とあるのですが、
今回は左肩や腕は一切触らずに整えました。

10秒~20秒ほどでこんな感じに!

肘の高さも同じ、手もしっかりと合わさっているので
上出来かと思います(^^)

【首の動きの違い】

続いて、首の可動域をチェックし、整えて行きました。

施術前はこんな感じでした。

施術前上を向く
首、施術前

一見、これのなにが問題なの?と思うかもしれませんが、
これはきちんと上を向けていない状態です。

首が詰まってこれ以上顔を上に向けることができませんでした。

上を向いたとき、顔と地面が水平になるのが正常な可動域です。

施術後の写真はこちらです。

施術後上を向く
首、施術後

つまりがとれてスッと上を向くことが出来ました。

また、背骨の歪みも整えたので姿勢が良くなり、
上を向きやすくなりました。

姿勢が悪いと可動域は狭くなってしまうので
身体は動かしにくくなってしまいます。

例えば猫背であれば上は向きにくいです。

【おわりに】

以上が施術前と施術後の可動域の差、になります!

姿勢が悪くなっていると可動域が狭くなるので筋肉に負担もかかり、
コリやすくなってしまいます。

また、左右差が大きいとケガや痛みに繋がることも考えられるので
特にスポーツや運動をされている方はしっかりと整えていきましょう!

関連記事

  1. 腰痛
  2. 痺れ
  3. ゴルフ
  4. 鍼
  5. 股関節
  6. おしりのストレッチ9.8
PAGE TOP