ブログ

腰痛

トレーニングをしても鍼やマッサージをしても腰痛が治らない方への施術について

こんにちは!
麻布十番の「和美躰」、青木です!

今回は腰痛に長年悩んでいてトレーニングをしたりメンテナンスを受けたりしているのに一向に腰痛が改善していかない、という方への施術についてになります。

【来院者について】

30代 女性 モデル
身長は175cm
猫背で首が前に出がち

昔、身長が高いのがコンプレックスで背を低く見せようと猫背になっていたのが癖ついている。
肩あたりというより、背中、肩甲骨の少し下あたりが丸まっている。

【症状について】

以前、ぎっくり腰っぽくなり来院したがそことは違うところの痛みで悩んでいる。

肩甲骨の少し下あたりから腰の少し上あたりまで丸まっていて、そこの筋肉がいつも張っていてつらい。

ここのしんどさは結構長年つらくて何をやっても一時的に良くなるが、すぐに元に戻ってしまう。

【施術について】

つらさのあるところの筋肉の張り方は相当なもので、筋肉がかなり盛り上がっていました。

そこも張っていてつらいんだろうな、と思いましたが、その近辺の背骨の際の筋肉の固まり具合がかなりひどい状態でした。

押圧した状態で筋肉を横に切るように指を動かすとゴリゴリ、ギョリギョリと普通ならあまり感じることのないほどの硬結がポイントだけでなく、胸椎の9番あたりから腰椎の1番あたりまでつながっていました。

背骨の並び
参考: http://www.rakuwa.or.jp/otowa/shinryoka/seikei/sekitsui_shikumi.html

どこを押しても痛そうな反応だったので、まずは歪みの矯正から。

丸まっているあたりの歪みをしっかりとみて、背中が丸まりにくくなるように矯正をしました。

骨の位置が正しい位置に戻ることによって多少の張り感は減少し、少し楽に感じたようでした。

続いて、腹筋をやさしく丁寧にほぐしていきました。
普段から背中が丸まっていると背中の張りばかりをほぐしていてもあまり意味がありません。
腹筋が硬く収縮している状態にあるのでそれを解く必要があります。

腹筋が硬いといくら背筋を伸ばしても腹筋が背中を丸めるように収縮してしまいます。

ただ、お腹は内臓が違いので背中のように強く押すと内臓に負担をかけてしまい、違う問題が出てくることがあります。
なのでやさしく丁寧に、身体の反応をしっかりと感じながらほぐしていきました。

お腹をほぐした後、背中のトレーニングを少ししてから背中をほぐしにかかりました。
そしてトリガーポイントとなるところに鍼を使い、硬くなった筋肉を中から直接刺激しました。

【施術後について】

施術後はだいぶ楽になったようでしたが、長年悩んでいたので身体がすぐに元に戻ろうとしてしまいます。

正しいトレーニングを行い、定期的にこういったメンテナンスを受けていくことで身体が正しい位置を覚え、負担が軽くなっていきます。

今まで受けた施術との違いを感じて頂けたようなので早速翌週の予約もしてくださいました。
一度の施術で良くなってもそれは治ったことにはなりません。

しっかりと治すには身体を少しずつ変えていく必要があります。

関連記事

  1. ゴルフ
  2. お酒
  3. 猫背 パソコン
  4. 腰痛
  5. 腰痛
  6. ふくらはぎのマッサージ
PAGE TOP