ブログ

腰を反ると痛い

腰を反ると腰やお尻あたりが痛む場合の整体《麻布十番 整体》

こんにちは!

麻布十番【和美躰】の青木です!

今回は腰を反ったときにお尻や仙骨付近に痛みがでる、という方の施術事例について
書いていこうと思います。

腰を反る動きは実は腰だけで動いているわけではありません。

骨盤も一緒に後ろに動いて初めてスムーズな動きが可能となります。

骨盤が一緒に動いてくれないときに、
お尻あたりに痛みが出る、腰に詰まる感じがある
といった痛みや不快感、違和感を感じるようになります。

なぜ骨盤が動かなくなるのか?

ではなぜ骨盤が一緒に動いてくれないときがあるのでしょうか。

答えはものすごく簡単で、
骨盤周りの筋肉が硬くなり、骨盤の動きを制限させてしまっているからです。

例えば今回のように、骨盤が後ろに動いてくれない場合、
大腿四頭筋という太ももの筋肉が原因の1つになります。

大腿四頭筋が硬くなると骨盤を前傾させてしまいます。

骨盤を後ろに動かすというのは後傾させることなので
真逆の作用ですよね。

なのでここが硬いと骨盤が後ろに倒れなくなってしまいます。

その他にも原因となる筋肉はあるのですが、
そのほとんどが骨盤を前傾させる働きをもつ筋肉が
硬くなっているためです。

どうすればスムーズに骨盤が後傾してくれるのか?

勘の鋭い方でしたらもうお気づきかと思いますが、
骨盤を前傾させる筋肉を緩めると骨盤はスムーズに後傾してくれます。

つまり、後ろに動きたいのに、それに制限をかけてる筋肉を緩めるということです。

大腿四頭筋は代表例ですが、その他にもたくさんそういった筋肉があります。

色々と検査をしてどの筋肉が骨盤の動きをとめてしまっているのかをみつけ、
その筋肉を緩めればスムーズに後傾して腰を反っても痛みが出なくなります。

今回の施術でも、その原因となりそうな筋肉を1つ緩め
動作チェック。

変化がなければ違う筋肉を緩める。
変化が出ればその筋肉をさらに緩める。

この繰り返しをすることによって
本当に原因となっている筋肉を緩めることができます。

最後に

体の解剖、機能をきちんと理解していればなぜ痛いのかが検査をすることによって
わかってきます。

それさえわかれば症状を根本から整えて行くのにとても役立ちます。

麻布十番の整体・美容鍼なら「和美躰」

住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約

関連記事

  1. knee pain
  2. ゴルフ
  3. ぎっくり腰
  4. ふくらはぎのマッサージ
  5. ストレッチ
  6. 美容

最近の記事

  1. ぎっくり腰
  2. セミナー
  3. 腰を反ると痛い
PAGE TOP