ブログ

上を向くと首肩が痛い、腕が痺れるという症状は整体で治るのか!?

こんにちは!

麻布十番【和美躰】の青木です!

上を向くと肩周りが痛い、
腕に痺れが出る、

という症状に悩んでいる方が先日来院。

こういった症状に悩んでいる方、
実は多く、
今までも同じような症状で来院される方が
結構いました。

ほとんどの方が
「アドバンス整体」
で治りました。

上を向くと痛みや痺れが出る原因とは?

今まで似たような症状で来院された方の特徴をあげると、
まず間違いなくみなさん猫背、円背、巻き肩、など
姿勢不良があげられます。

これらの姿勢は首が前に出ている状態なので
上を向こうにも可動域が狭くなっていて
うまく向くことができません。

正常可動域よりも狭くなっている状態は
筋肉にも負担がかかっているので
首に痛みも出るのでしょう。

さらに、首からは腕に行く神経が出ており、
上を向いたときに神経を圧迫してしまい、
腕に痺れの症状が出ていると考えられます。

肩に痛み
肩に痛み

それって整体で治るものなの?

まず動作チェックで痛みや痺れが出ることを確認したら、
正しい姿勢になってもらいます。

胸を広げて肩甲骨を少し背骨に寄せるようにして、
上から糸や棒でつるされている、
引っ張られているようなイメージで
立ってもらいます。

この状態で上を向いて痛みや痺れが出るかを確認します。

ここで症状が消えたりマシになっていたりした場合は
ほぼ確実に整体で良くなります!

骨格が正しい位置にある状態で問題なく動くということは
その位置に骨格を戻せば良い、ということです!

腕に痺れ
腕に痺れ

では、仮に何も変化がでない場合はどうなのか!?

今行った方法はあくまでも主に肩甲骨に対してアプローチしただけなので
原因が骨盤や腕、手などにある場合は
このチェック方法では効果がでません。

原因となりうるところにしっかりとアプローチして
変化が出るかチェック。

これを繰り返していけばほとんどの場合症状が良くなります。

何年も悩んでいるという場合でも関係ありません。

ヘルニアや脊柱管狭窄症でも治るのか!?

ヘルニアや脊柱管狭窄症でもそれらが原因で
痛みや痺れが出ているわけではないことがとても多く、
この場合は症状が改善していきます。

本当にヘルニアや脊柱管狭窄症で症状が出ている場合はさすがに難しいです。

ただ、それらが本当に原因なのかは実際に施術してみないとわからないので
そう診断されたからって諦めてはいけません!

結論!

タイトルの「上を向くと首肩が痛い、腕が痺れるという症状は整体で治るのか!?」

ですが、答えは「治ります!」

です。

「アドバンス整体」でお悩みの症状を治しましょう!

麻布十番の整体・美容鍼なら「和美躰」

住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約

関連記事

  1. constipation0909
  2. 脊柱管狭窄症
  3. 目の疲れ
  4. 全日本選手権
  5. RIZIN

最近の記事

  1. 坐骨神経痛
  2. rizin
PAGE TOP