ブログ

moxa

蚊に刺されたときにお灸が効果的!?〜夏に活躍する「お灸」〜

こんにちは!

麻布十番【和美躰】の白井です!

毎年夏になるとやってくる蚊!

さされると痒くて痒くてたまらないですよね!

さされたとき皆さんどうされますか?

僕がオススメしたいのはお灸を使うことです!

まさか、お灸にそんな効果があるとは驚きですよね!

でも実際にかなり効果があるので気になる方は是非読んでみてください!

お灸の歴史

お灸の歴史は古く今からおよそ2000年前、ユーラシア大陸の北方民族の中で独自の医療として始まり、後にインドから中国へ渡ったとされています。

寒い地域で生まれた事もあって、冷えに対して高い治療効果をもたらすお灸ですが夏にも活躍する場面がありますのでココで紹介したいと思います。

そもそも蚊に刺されるとなぜ痒いのか!?

蚊といえば夏の風物詩でも知られ、これからの季節出会う機会が多くなってきます。
蚊は人から血を吸う際、唾液を分泌し人間の痛みを感じる機能を抑制します。
その唾液の成分が人間のマスト細胞に働くとヒスタミンが放出され痒みにつながります。

蚊

お灸の作用とは!?

・患部に白血球や抗体や補体を集め免疫機能を高める・過剰な免疫細胞を鎮静化する
・血流を増加して老廃物を流すお灸使って血流を変えることで、以上の様な作用が期待できます。
さらに、蚊の唾液の成分は動物性タンパク質なので熱で毒性を弱める事が期待できます。

自分にお灸をしてみよう!

突然ですがお灸はどこで買えるかご存知でしょうか?
ネットで探せば沢山出てきますが、薬局なんかに行っても大体、湿布などが置いてあるコーナーにあります。

お灸
お灸

話を戻すと、市販の台座灸を用意してもらって蚊に刺されて赤くなっている部分に火を付けた台座灸を優しく置きます。

しばらく置いて熱を感じなくなったら取り外して下さい。様子を見て1〜3壮するのが良いかと思います。

痒みがひかない場合はお灸の後しばらくしてから氷で冷やすと効果的です。
※製品によってお灸に個体差があるので熱く感じすぎた場合は火が途中でもすぐに外してください。

まとめ

今回は夏に役立つお灸の雑学として、夏の痒み対策について書かせていただきました。
お家にお灸がある方はぜひ一度試してみてください。

麻布十番の整体・美容鍼なら「和美躰」

住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約



関連記事

  1. お腹に手をあてる
  2. 肩甲骨
  3. 施術室6.5
  4. 頭痛
  5. deep breathe0704
  6. 美容鍼

最近の記事

  1. ぎっくり腰
  2. セミナー
  3. 腰を反ると痛い
PAGE TOP