ブログ

ストレッチ

腰痛に効果的なたった2つのストレッチ

腰痛の原因とその対策

腰痛は肩こりと並んで国民が悩む代表的な症状ではないでしょうか。

デスクワークの多い方が行った方が良いストレッチ、
姿勢の正し方をご紹介いたします。

まず、座っている姿勢というのは
太ももの裏 (ハムストリングス) の筋肉が縮まったまま固まってしまっている状態にあります。

ここが固まってしまうと坐骨を引っ張ってしまい、
仙骨や腸骨についているおしり(殿部)や腰部の筋肉も引っ張り、
腰痛として症状が現れることがとても多いです。

座っている姿勢も骨盤が立って背筋が真っ直ぐになっていればいいいのですが、
ほとんどの方が骨盤が後ろに寝てしまっており、
腰が丸まった状態になっています。

すると腰の筋肉にかなりの負担がかかってしまうので
より腰痛を助長してしまいます。

では、どのようなストレッチをすればよいのかというと...

太もも裏と殿部の柔軟性をあげるようストレッチを行います。
この2つの筋肉の柔軟性があがると
骨盤を引っ張るテンションが下がり、
結果腰への負担も減るからです。

① 太もも裏のストレッチ

太もも裏は写真のような姿勢をとり
ジワーッと伸ばしていきます。

体重のかけ方のよって同じ太もも裏でも
伸びる箇所が少しずつ変わってきます。

深く曲げたり、左右に体重移動したりして
色々と試してみましょう。

② 殿部のストレッチ

続いて殿部ですが、
このような姿勢をとります。

よりしっかりと伸ばしたいときは
写真のように後ろに手をつき、
グッと伸ばしていきます。

どちらのストレッチも30秒ほど時間をかけてゆっくり伸ばしましょう。
痛いのを我慢するほど伸ばすとかえって筋肉が硬くなってしまうので
少し筋肉が伸びているなと感じる程度にしておきましょう。

腰痛ストレッチのまとめ

この2つのストレッチをすれば
必ず腰痛を予防できる、腰痛が治る、というわけではありませんが、
腰痛の原因となる大きな要素を持っている筋肉なので
太もも裏と殿部の柔軟性をあげておくことはとても大切です。

関連記事

  1. 猫背 パソコン
  2. ゴルフ
  3. 身体は資本
  4. 猫背
  5. テニス
  6. ゴルフ
PAGE TOP