ブログ

ゴルフ

ゴルフで激痛!脚をひきずらないと腰が痛くて歩けない方の施術について

こんにちは!
麻布十番の「和美躰」の青木です。

今回は腰が痛くて歩けない!とご連絡を頂いた方の施術方法について書いていきたいと思います。

【来院者について】

40代 男性 経営者
週2,3でゴルフをしている。
以前はトレーニングをしていたが、最近はコロナの影響でジムが閉まっていて
トレーニングをしていなかった。

【症状について】

ゴルフのスイングをしたときに腰がピキっとなり、そこから右脚を動かそうとすると腰に激痛が走り歩けなくなってしまった。

スイングをみていた人たちからは脚を捻ったようにみえたらしい。
本人は脚には違和感を感じておらず、スイングしたときも脚に痛みはでなかった。

スイングの後は歩けなかったので担がれてカートになんとか乗った。
歩くために脚を前に運んだり、上げたりしようとすると激痛が走る為担いでもらった。

あまりに痛いのでその日のうちにどうにかしたいと思い、連絡を頂いた。

【施術について】

ドアを開けて待っていると右脚をひきずりながらゆっくりと痛そうに歩いていたので、これは相当な痛みなんだろうな、と思いました。

元々他の箇所の痛みで来院していたことはありましたが、痛みには強い話をしていました。

そんな方がこの痛がりようなのですぐに異常だとわかりました。
着替えるのも難しいため、そのままの格好で施術を開始。

まずはどんな動きで痛みが出るのか、どこに痛みが出るのかを確認。

するとご本人は腰と言っていたが、正確には殿部(お尻)でした。
仙骨に少し近めの腰骨のすぐ下あたりに痛みが出ているようでした。

参考 https://osg-sapporo.com/post/post-3127

左右のお尻の硬さを比べてみるとその差は歴然。
痛みの出ている右のお尻は相当硬くなっていました。

ご本人に確認してみると、最近はスイング改造中で右足に体重を乗せる意識を
強く持ってスイングしていた、とのことでした。

テイクバックのときにしっかりと右足に体重を乗せることで
タメをつくっていたそうです。

慣れないスイングで身体に無理が生じていたのでしょう。

普段ではあまり負担のかからないところに過度な負担がかかり、スイングしたときに痛めてしまったのだと思われます。

硬くなっているお尻の部分をゆっくりと丁寧にほぐすと
痛みなく普通に歩けるようになりました。

あまりの違いにご本人もびっくりされて声をあげて喜んでいました。

痛みの出ている箇所が右のお尻なだけで、右脚全体の張りも目立ちました。
そこもしっかりとほぐし、股関節の可動域も改善していきました。

【施術後について】

痛みなく歩けるようになって喜んで頂けましたが、同じスイングをしている限り、また再発する可能性があります。

その可能性を減らすためにもお尻周りの筋肉のトレーニングはしたほうが良いと自宅でてきるトレーニング方法を指導しました。

また、仮にラウンド中に再発してしまった場合、一緒に回っている方にここを少しほぐしてもらえば変わるかもしれない、というポイントをお伝えして終わりました。

関連記事

  1. 猫背
  2. 身体は資本
  3. 猫背PC
  4. deep breathe0704
  5. 手のマッサージ
  6. 考え事が多く寝れない
PAGE TOP