ブログ

ぎっくり腰

ぎっくり腰の痛みで動けない方への施術について

こんにちは!
麻布十番の「和美躰」青木です!

自粛生活で身体を動かさなかったせいか、腰を痛める方も増えているのではないでしょうか。

腰が固まったり、疲労がたまったりするとぎっくり腰になりやすくなります。

今回はそんなぎっくり腰になった方への施術方法について書いていきたいと思います。

【来院者について】

40代 男性 経営者

普段は運動していたが緊急事態宣言により身体を動かすことがなくなった。

【症状について】

緊急事態宣言が解かれて久しぶりに身体を動かしたら腰を痛めてしまった。

来院時の姿勢をみると腰が丸まっていて背筋が伸ばせない状態。
背筋を真っ直ぐしようとすると痛みと腰の張りで真っ直ぐできない。

元々腰痛持ちではなかったので腰を痛めるのがこんなにつらいのかと思い、来院。

【施術について】

丸まった腰、背筋を真っ直ぐできない状態で検査を行っていったところ、ただの腰痛ではなく、ぎっくり腰ということがわかりました。

まず腰を少し冷やし、痛みを緩和してから腰の矯正を行いました。

腰の矯正を行うと完全ではありませんが、真っ直ぐに近い状態にまで上半身を起こせるようになりました。

ただ、痛みはまだ多少あるのと完全にまっすぐにはできないのでその他の施術をしていきました。

まず、痛みは出ていないがかなり筋肉が張っていることろがあったのでそこに鍼を打っていきました。
すると、痛みの範囲がかなり限定されてきたのでピンポイントで鍼を使いました。

鍼で筋肉に直接刺激を入れることでかなり筋肉をほぐすことが可能です。
また、むやみにマッサージをするよりもピンポイントで痛みのあるところ、張りのあるところをアプローチできるので細かい施術にはとても効果的です。

その後に腸腰筋リリースをし、股関節の運動法を行うことでより腰の状態は改善。

最初の矯正から十分な時間が空いたので、再び腰を矯正。

すると痛みなく真っ直ぐと背筋を伸ばすことができました。

【施術後について】

施術後は痛みなく背筋を真っ直ぐできるようになりましたが、まだ炎症が起こっている可能性があるのでその日は湿布や氷でしっかりと冷やすようアドバイスをしました。

また、腰が固まっている状態でいきなり激しい動きをすると今回のようなことが起こるので、例えば何日後に身体を動かす予定が決まっているのなら、その日にむけて少しずつストレッチや軽く身体を動かし始めるようアドバイスをしました。

腰痛に湿布

# 麻布十番「和美躰」のご予約はこちら
住所: 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布702
最寄駅: 麻布十番駅より徒歩1分
営業時間: 10:00~22:00(不定休)
電話: 03-5797-7470
ウェブ: ネット予約

関連記事

  1. 痺れ
  2. 腰痛
  3. 腰痛
  4. 美容鍼
  5. テニス肘
  6. 身体は資本
PAGE TOP